<< まぶしすぎる空は     夕方のネコ >>