<< 上を向くのは     一重のバラのような幸せ >>