<< 君のいないところで君を感じること     踏みしめたあんよ >>