<< 朝日の中で     あたりまえでありたい >>