<< そばにいてほしいなら     雨の音を聞きながら >>